武漢の医師が新型肺炎で死亡…当局公表前に警鐘、ネットで「英雄」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【瀋陽=東慶一郎】新型コロナウイルスによる肺炎について、中国の当局が公表するより前にSNS上で警鐘を鳴らした湖北省武漢市の医師、李文亮さん(33)が7日未明、新型肺炎のため死亡した。勤務先の病院が中国版ツイッター・微博ウェイボーで発表した。李さんは2月1日、自身のSNSで新型肺炎と診断されたことを明らかにしていた。

 李さんは、昨年12月30日、勤務先の病院で複数の患者に重症急性呼吸器症候群(SARS)と符合する検査結果が出たことを知り、SNSのグループチャットに「7人がSARSと診断された」と投稿した。武漢市当局が「原因不明の肺炎患者発生」を公表したのは、翌31日だった。李さんは1月3日、事実でない情報を広めて社会秩序を乱したとして、武漢の公安当局から訓戒処分を受けた。

 中国のインターネット上では、李さんは政府の情報隠蔽いんぺいを告発した「英雄」としてたたえられており、悲報を受けて当局の謝罪を求める声が噴出した。これを受け、公務員の不正を取り締まる国家監察委員会は7日、武漢市当局の対応に問題がなかったか調査に乗り出すとする異例の発表を行った。政府批判が広がらないよう不満を抑える意図とみられる。

【随時更新】新型肺炎、今なにをすべきか~正しい情報で正しい行動を

無断転載禁止
1042786 0 国際 2020/02/07 19:05:00 2020/02/07 21:26:25 2020/02/07 21:26:25

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ