「北が中国に繰り返し石炭輸出」国連で報告書…中国反発「根拠ない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=村山誠】国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会・専門家パネルは、北朝鮮が中国を相手に、安保理決議で禁じられている石炭の輸出を繰り返していると指摘する年次報告書をまとめた。国連外交筋が明らかにした。

 報告書では、北朝鮮が2019年1~8月、370万トン、推定約3億7000万ドル(約406億円)相当の石炭を輸出し、うち約280万トンは、北朝鮮籍船から中国のはしけ船への「瀬取り」で取引され、杭州湾の三つの港などに運ばれたと指摘した。安保理決議で輸出が禁じられている土石類が中国の港に輸出されているとの加盟国からの情報も掲載しているという。

 報告書は、制裁委での議論を経て3月に公表予定だが、中国の国連代表部は10日、「中国に対する根拠のない告発だ」などと反発する声明を発表した。

無断転載禁止
1048853 0 国際 2020/02/12 10:49:00 2020/02/12 10:49:00 2020/02/12 10:49:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ