湖北省の死者242人増、「臨床診断」含め大幅に修正

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=比嘉清太】新型コロナウイルスの感染拡大の中心となっている中国湖北省の省政府は、13日午前0時(日本時間午前1時)時点で省内の感染者数が前日より1万4840人増の4万8206人、死者は242人増の1310人になったと発表した。これにより、中国本土の感染者は6万人に迫り、死者は1300人を超えた。

 湖北省政府は感染者と死者の急増の理由について、これまで発表していなかった「臨床診断」で感染者と判断されたケースを含め、結果を修正したと説明している。臨床診断による増加分は感染者が1万3332人、死者は135人という。

 中国紙・環球時報(電子版)は臨床診断について、ウイルス検査で陽性の結果が出ていなくても、新型肺炎特有の症状の有無で感染しているかどうかを判断する方式だとする専門家の見方を伝えた。

 中国では、重症急性呼吸器症候群(SARS)が流行した2003年4月、当局が北京市の感染者数を従来の公表数の約9倍に修正し、「患者隠し」と批判された経緯がある。

【随時更新】新型コロナ、今なにをすべきか~正しい情報で正しい行動を

無断転載禁止
1050483 0 国際 2020/02/13 09:05:00 2020/03/09 14:02:33 2020/03/09 14:02:33

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ