新型コロナ、備え不十分「理解しがたい」…WHO事務局長

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ミュンヘン=石崎伸生】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は15日、ミュンヘン安全保障会議に出席し、新型コロナウイルスへの中国の対応について、「感染の拡大を遅らせている」と前向きに評価した。また、感染症の流行を想定した事前準備を強化するよう各国に呼びかけた。

 テドロス氏は、感染症が経済活動や社会に与える影響は大きいと指摘した上で、テロ対策などに比べて備えが不十分だとし、「理解しがたい」と述べた。

残り:33文字/全文:238文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1055597 0 国際 2020/02/16 09:20:00 2020/03/09 13:41:08 2020/03/09 13:41:08

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ