台湾で初の死者…湖北省、買い物外出は各家庭で3日に1人に制限

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【台北=杉山祐之、北京=比嘉清太】台湾当局は16日、新型コロナウイルスの感染者数が2人増えて20人となり、そのうち1人が死亡したと発表した。台湾での死者は初めてで、中国本土以外では5人目だ。

 また、中国政府の国家衛生健康委員会は16日、中国本土での感染者が16日午前0時(日本時間午前1時)時点で前日より2009人増えて6万8500人に達したと発表した。死者は142人増加し、1665人となった。

 国家衛生健康委員会の幹部は16日の記者会見で、最も深刻な湖北省武漢市の感染者のうち重症者の割合が1月28日(32・4%)を境に下がり、今月15日時点では21・6%だったと指摘した。

 感染者が集中する湖北省政府は16日、省内の集合住宅地などを事実上、封鎖する措置を取ると発表した。感染対策を徹底するため、出入り口は1か所とし、買い物のための外出は各家庭で3日に1人にとどめるなど厳しく制限する。

 当局者らが監視を強化し、違反者は司法機関が責任を追及するとしている。こうした外出制限は既に省内の一部で導入されており、省内全域に拡大する。

無断転載・複製を禁じます
1056132 0 国際 2020/02/16 21:16:00 2020/03/10 14:11:43 2020/03/10 14:11:43

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ