マスク増産へ、北京の工場が「6日間」の突貫工事

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

18日、北京で、マスクを着用して通勤する人たち。中国では、感染者の拡大でマスク不足が深刻化している(片岡航希撮影)
18日、北京で、マスクを着用して通勤する人たち。中国では、感染者の拡大でマスク不足が深刻化している(片岡航希撮影)

 【北京=比嘉清太】中国国営新華社通信によると、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大で不足しているマスクを増産するため、17日に北京で工場の改築が始まった。予定工期が6日間の突貫工事だ。22日の完工後は、1日25万枚を生産できるようになる。

 工場の面積は約1000平方メートルで、2日間で工事計画を策定したという。工事を請け負ったのは、新型肺炎の感染が最も深刻な湖北省武漢市で、約10日間の突貫工事で完成した臨時病院「火神山医院」などの建設に関わった会社だ。

 中国中央テレビ(電子版)などによると、中国ではマスクの生産能力が1日約2000万枚にとどまり、1日に必要な約2億枚には遠く及ばない。停滞する企業活動を本格化させるためにも、マスク不足の解消が喫緊の課題となっている。

 中国政府の国家衛生健康委員会は、18日午前0時(日本時間午前1時)時点の中国本土の新型肺炎感染者数が7万2436人になったと発表した。前日より1886人増えた。死者は98人増の1868人になった。

【随時更新】新型コロナ、今なにをすべきか~正しい情報で正しい行動を

無断転載禁止
1059002 0 国際 2020/02/18 12:22:00 2020/03/09 13:23:09 2020/03/09 13:23:09 マスクを着用して通勤する人たち(18日午前8時43分、北京で)=片岡航希撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200218-OYT1I50038-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

東京都知事選2020特集ページ
一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ