乗客は「世界中に散らばるより望ましい」…WHO、日本の対応に理解

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ジュネーブ=杉野謙太郎】クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客に船内待機を求めた日本の対応について、世界保健機関(WHO)で緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏は18日、ジュネーブでの記者会見で「(乗客が)世界中に散らばるよりも明らかに望ましかった」と理解を示した。

 一方で「状況が変わり、予測していたよりも多くの感染が船上で起きている」と指摘した。「日本の当局はこの変化に対応し、人々を退避させるために他の国々とともに必要な対策を進めている」とも述べた。

残り:33文字/全文:271文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1060526 0 国際 2020/02/19 10:50:00 2020/03/09 13:16:36 2020/03/09 13:16:36

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
2000円1900円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ