中国・湖北省の新規感染者など、統計上の混乱か

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

  【北京=中川孝之】中国の湖北省政府は20日午前、新型コロナウイルスによる肺炎の省内の死者が、20日午前0時(日本時間午前1時)時点の集計で前日より108人増え、2029人になったと発表した。武漢市の死者が最多の1585人で、全体の78%を占めた。

 一方、湖北省で19日に確認された新たな感染者は349人と、前日の1693人から大幅に減少した。この理由について、共産党機関紙・人民日報(電子版)は、省内ではウイルス検査で陰性でも、医師の臨床診断で感染と判定してきたが、20日の発表分からこれを中止したためと伝えた。

 省内では黄岡市などで19日の新規感染者は計上されておらず、統計上の混乱が生じているとみられる。

 中国政府の国家衛生健康委員会の発表によると、20日午前0時までに、中国本土の累計の死者は2118人、感染者は7万4576人となった。

残り:33文字/全文:410文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1062300 0 国際 2020/02/20 08:07:00 2020/03/09 13:05:55 2020/03/09 13:05:55

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ