新型コロナの治療法、臨床結果は3週間後…WHOが2種類の治療薬研究

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ジュネーブ=杉野謙太郎】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は20日、スイス・ジュネーブで記者会見し、WHOなどの研究チームが新型コロナウイルスに対する二つの治療薬の臨床研究を行っていると明らかにした。約3週間で暫定的な結果が得られる見込みという。

 テドロス氏によると、2種類のエイズ治療薬を組み合わせたものと、エボラ出血熱の治療などに利用される抗ウイルス薬をそれぞれ試しているという。

 テドロス氏は、中国以外での感染者は依然として少ないと指摘しつつ、「いつまでもこのままの状態である保証はない。この機会を生かし、流行を抑え込まなければならない」と述べた。

【随時更新】新型コロナ、今なにをすべきか~正しい情報で正しい行動を</p

残り:0文字/全文:322文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1064826 0 国際 2020/02/21 12:11:00 2020/03/09 16:27:47 2020/03/09 16:27:47

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ