日韓の渡航者らに発熱あれば検査対象…リオのカーニバル開幕

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【リオデジャネイロ=淵上隆悠】南米最大の祭典「リオのカーニバル」が21日、開幕した。26日までの期間中、リオデジャネイロ市内はサンバのリズムに包まれる。

 リオデジャネイロ市には、国内外から約190万人の観光客が見込まれる。23日夜からは、華麗な衣装で着飾った有力13チームが専用会場「サンボドロモ」で踊りを競演するパレードが始まる予定だ。

サンバのリズムに乗って踊る参加者ら(21日午後、リオデジャネイロで)=淵上隆悠撮影
サンバのリズムに乗って踊る参加者ら(21日午後、リオデジャネイロで)=淵上隆悠撮影

 ブラジルでは新型コロナウイルスの感染者は確認されていないが、保健省は21日、感染が拡大する日本や韓国など7か国からの渡航者に発熱などの症状がある場合、「感染疑い」として検査対象とする方針を示した。中国に限定していた対象国を広げ、カーニバル時期の水際対策を強化する。

 【随時更新】新型コロナ、今なにをすべきか~正しい情報で正しい行動を

無断転載禁止
1066432 0 国際 2020/02/22 10:35:00 2020/03/09 12:40:13 2020/03/09 12:40:13 サンバのリズムに乗って踊る参加者ら(21日午後2時30分、リオデジャネイロ」で)=淵上隆悠撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200222-OYT1I50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ