中国政府、感染の勢い「衰えた」との見解

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=岡部雄二郎】韓国政府の発表によると、韓国内で確認された新型コロナウイルスの感染者は23日午後現在で602人に達し、死者は5人になった。感染者はさらに増える恐れがある。

 文在寅ムンジェイン大統領は23日午後の政府の会議で、保健当局主体だった対策本部を、丁世均チョンセギュン首相をトップとする政府横断の「中央災難安全対策本部」に切り替えて、ウイルスの封じ込めを急ぐよう指示した。国内の警報レベルも、4段階で最高の「深刻」に引き上げる。

 一方、中国政府の国家衛生健康委員会の発表によると、中国本土の23日午前0時(日本時間午前1時)時点の死者は前日より97人増えて2442人になった。感染者は648人増の7万6936人に達した。

 武漢市を含む湖北省以外では、22日の新たな感染者は18人となり、中国政府は感染の勢いに衰えが見え始めているとしている。

 中国の全国人民代表大会(全人代=国会)の常務委員会は24日、3月5日から北京で開催予定の全人代の延期を正式決定する。

 香港政府は23日、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から下船して香港政府のチャーター機で香港に戻った男性(68)の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。

無断転載・複製を禁じます
1067701 0 国際 2020/02/23 08:35:00 2020/03/10 12:55:02 2020/03/10 12:55:02

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ