帰国のクルーズ船乗客に感染者、事前に知らされずトランプ氏激怒

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=船越翔】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)など複数の米メディアは22日、トランプ大統領が、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」からチャーター機で帰国した米国人乗客の中に新型コロナウイルスの感染者がいたことを、チャーター機の出発前に知らされなかったとして強い怒りを示したと報じた。

 報道によると、帰国した米国人乗客のうち14人は、クルーズ船からの下船直後にウイルス感染が確認された。米疾病対策センター(CDC)は感染者をチャーター機に乗せることに反対したが、国務省が機内で隔離措置を施した上で搭乗を許可した。

 トランプ氏はチャーター機の到着後に国務省の判断を知らされ、「私に最初に相談すべきだった。国務省の決定は、米政府の新型ウイルスへの対応にダメージを与えかねない」と周囲に不満を述べ、怒りをあらわにしたという。

無断転載・複製を禁じます
1067997 0 国際 2020/02/23 17:32:00 2020/03/10 12:58:00 2020/03/10 12:58:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ