イタリアの11自治体、出入り禁じられ「封鎖状態」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ナポリ(イタリア南部)=笹子美奈子】イタリア北部ロンバルディア州とベネト州で新型コロナウイルスの感染者が急増している事態を受け、欧州各国が対応を強化している。隣国のオーストリアでは25日、2人の感染が初めて確認された。

 英政府は25日、伊北部からの帰国者で新型肺炎の罹患(りかん)が疑われる症状がある場合、外出を自粛するよう求めた。アイルランドは24日、国民に伊北部への旅行を控えるよう促した。伊ANSA通信によると、イタリアに多くの出稼ぎ労働者がいるルーマニアは24日、ロンバルディア州とベネト州に過去14日以内に滞在した帰国者を隔離すると発表した。

 イタリアと国境を接するスイスも警戒を強めている。イタリアからスイスへは毎日6万8000人が通勤しており、検温の実施を求める声が上がっている。ロイター通信によると、欧州議会は24日、過去14日以内に伊北部に滞在した職員に自宅待機を命じた。

 ロンバルディア州とベネト州内の計11自治体では、州政府により他自治体との出入りが禁じられ、事実上、封鎖状態となっている。観光都市のミラノやベネチアは含まれていない。伊政府が22日の閣議決定で、感染の拡大防止に必要な対策を講じる権限を州政府に付与したことに基づく措置だ。

 11自治体内での住民の移動は制限されていないが、州政府はレストランや商業施設の営業、イベントなどの開催を禁止する特別措置も取っており、多くの住民が外出を控えている。

 ただ、11自治体以外でも、ミラノで午後6時以降の飲食店の営業が禁止されるなど、影響が広がっている。

無断転載・複製を禁じます
1071745 0 国際 2020/02/25 21:11:00 2020/03/25 22:00:02 2020/03/25 22:00:02

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ