米で初の「市中感染」か…カリフォルニア州

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロサンゼルス=久保庭総一郎】米疾病対策センター(CDC)は26日、西部カリフォルニア州で、感染経路を確認できない新型コロナウイルスの患者が発生したと発表した。米国内初となる日常生活の中での「市中感染」の可能性があるとしており、感染経路の確認を急いでいる。

 患者に中国への渡航歴はなく、中国からの旅行者と接触した可能性があるという。CDCは、「連邦、州、地元自治体と連携して、ウイルスの拡散を抑制し、影響を抑える」としている。

 米国のトランプ大統領は26日、ホワイトハウスで開いた記者会見で、新型コロナウイルス対策の責任者にペンス副大統領を任命すると発表した。米政府内の司令塔として、感染拡大の防止に向けた省庁横断の対策の指揮を執るという。

 トランプ氏は会見で「我々の取り組みが奏功し、米国民のリスクは非常に小さいままだ」と語り、中国を訪れた外国人の入国制限など、これまでの対応が適切だったと強調した。

 米国では、サンフランシスコ市が25日、非常事態宣言を出した。ロイター通信によると、ロンドン・ブリード市長は「サンフランシスコでは感染者は確認されていないが、(警戒の)段階を引き上げる」との声明を出した。

《あわせて読みたい》

▽トランプ氏「我々の取り組みが奏功し、米国民のリスクは非常に小さい」

▽感染、世界の五大陸に広がる…ブラジルで1人判明

【随時更新】新型コロナ、今なにをすべきか~正しい情報で正しい行動を

無断転載禁止
1075894 0 国際 2020/02/27 18:58:00 2020/03/09 18:51:26 2020/03/09 18:51:26

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ