訪中したモンゴル大統領、自ら14日間の隔離措置に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【瀋陽=東慶一郎】国営モンゴル通信(電子版)によると、27日に中国を訪問したモンゴルのバトトルガ大統領が帰国後、新型コロナウイルスの防疫のため、自身と外相などの同行者を14日間の隔離措置とした。

 モンゴルでは29日夕時点で感染者は確認されていない。政府は中国との往来を禁止しており、例外なく厳格な措置を取っていることを国民にアピールすることが狙いとみられる。

 中国外務省によると、バトトルガ氏は27日、日帰りで北京を訪問した。習近平シージンピン国家主席らと会談し、中国が国を挙げて防疫措置を行っていることを称賛し、3万頭の羊を贈ることを表明した。

無断転載・複製を禁じます
1079811 0 国際 2020/02/29 21:24:00 2020/03/09 09:55:48 2020/03/09 09:55:48

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ