日本は「感染の危険が高い印象、世界で拡大」…入国後に隔離・自宅待機させる国も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 外務省は4日、新型コロナウイルスの感染拡大で、38か国・地域(3日時点)が日本からの入国後に自宅待機などの行動制限措置を取っていると公表した。また、22か国・地域が日本からの入国・入域制限を行っている。

 外務省によると、タイでは自宅やホテルなどで14日間の経過観察が求められている。ベトナムでは発熱などの症状がある入国者が日本に帰国しない場合、医療機関で14日間隔離されるという。

 日本政府は「コロナウイルスの感染の危険が高い国というイメージが世界で広がりつつある」(外務省幹部)ことに懸念を強めている。政府は3日、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が日本など4か国を「最大の懸念だ」と述べたことについて、事実に基づいて発言するよう申し入れた。これを受け、テドロス氏は「中国以外の症例の8割は、韓国、イラン、イタリアだ」と発言を軌道修正した。

無断転載禁止
1087465 0 国際 2020/03/04 20:56:00 2020/03/07 13:58:06 2020/03/07 13:58:06

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ