国連「知財」次期事務局長に、欧米が推す候補当選…中国候補破る

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ジュネーブ=広瀬誠】世界知的所有権機関(WIPO)の次期事務局長(任期6年)を選ぶ選挙が4日、スイス・ジュネーブにある本部で行われ、シンガポールの知的財産権庁長官のダレン・タン氏が当選した。欧米などの支援で、有力視されていたWIPO事務次長を務める中国の王彬穎ワンビンイン氏を破った。

無断転載禁止
1087877 0 国際 2020/03/05 01:38:00 2020/03/05 01:38:00 2020/03/05 01:38:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ