中国報道官が根拠不明な主張、新型コロナは「米軍が持ち込んだ可能性」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=田川理恵】中国外務省の趙立堅ジャオリージエン副報道局長が12日、自らのツイッターで、新型コロナウイルスは「米軍が武漢に持ち込んだ可能性がある」と主張した。中国政府がウイルスの発生源は「中国とは限らない」との立場を鮮明にしている中、趙氏の根拠不明な主張が波紋を呼んでいる。

 13日の定例記者会見には趙氏は姿を見せず、米メディアなどが同僚の耿爽グォンシュアン副報道局長に、趙氏の主張の根拠や政府を代表した見解かどうかを問いただした。耿氏は質問には直接答えず、「武漢ウイルス」と呼ぶ米政府高官らを非難した上で「ウイルスの発生源については、中国は科学的かつ専門的な意見が必要と考える」との立場を繰り返した。

 中国本土ではツイッターは利用できないが、趙氏は2010年に開設したアカウントを駆使して国外からの中国批判に反論し、「戦う外交官」と呼ばれる。2月下旬に報道官に起用されて以来、米国などへの攻撃的な言論が目立っている。

無断転載禁止
1107264 0 国際 2020/03/13 22:22:00 2020/03/14 12:59:53 2020/03/14 12:59:53

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ