トランプ氏、武漢の「感染者なし」に「誰がわかるのか」…中国の対応疑問視繰り返す

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=海谷道隆】米国のトランプ大統領は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、最初の感染が確認された中国の対応を疑問視したり、けん制したりするような発言を繰り返している。経済を含めた影響が深刻になるなか、一義的な責任はあくまでも中国にあると世論に印象付ける狙いがありそうだ。

 トランプ氏は19日の記者会見で、感染が確認された初期に中国が情報開示などに関して適切な対応を取っていれば「感染が発生した場所だけに封じ込めることができていたはずだ」と指摘した。「世界は非常に大きな代償を支払っている」とも述べた。

 また、中国政府が19日に、新型コロナウイルスの最初の感染が確認された湖北省武漢市で新たな感染者が出なかったと発表したことについては「本当であると望みたい。(真実かどうか)誰がわかるのか」と懐疑的な見方を示した。

 20日の記者会見では「(感染が各地で)制御できなくなっているのは不幸なことだ。中国から広がった」と主張した。一方で「私は中国を大いに尊敬し、習近平シージンピン国家主席を尊敬している」とも付け加えた。

無断転載禁止
1120939 0 国際 2020/03/21 23:19:00 2020/03/21 23:19:00 2020/03/21 23:19:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ