インド首相、13億人対象に「家から出ること禁じる」…爆発的な感染拡大危惧

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

全土で外出禁止となり、往来が減った通り(25日、ニューデリーで)=小峰翔撮影
全土で外出禁止となり、往来が減った通り(25日、ニューデリーで)=小峰翔撮影
24日、インド西部ムンバイで、全土封鎖の発表を受け、薬局に詰めかける人々(AFP時事)
24日、インド西部ムンバイで、全土封鎖の発表を受け、薬局に詰めかける人々(AFP時事)

 【ニューデリー=小峰翔】インドは25日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、約13億人の国民らを対象に全土で21日間の外出禁止措置を始めた。モディ首相が24日夜、国民向けのテレビ演説で、「全土を完全封鎖し、人々が家から出ることを全面的に禁じる」と表明していた。

 買い物など生活に必要な外出や、食料品店や銀行などの店舗の営業は認められる。普段は若者らでにぎわう首都ニューデリー中心部の商業エリアは25日、バリケードで閉鎖され、警察車両がパトロールするなど閑散としていた。

 営業が許された店舗では、店内に一度に入る人数を制限したり、1メートル間隔の距離を取って店外で待つよう求めたりする店が続出した。順番が来るまで数時間かかる店もあり、買い物を断念する人も出た。

 モディ氏は演説で封鎖による経済への影響を認めた上で、「人命を守るためだ。何が起きても自宅待機をするように」と理解を求めた。

 国内の感染者数は、25日正午時点で562人(死者9人)で、欧米諸国と比べると少ないが、人口密度が高く、医療体制が十分でないため、爆発的な感染拡大が危惧されている。

 モディ氏は演説で、検査機関や隔離施設など医療体制の整備強化に1500億ルピー(約2200億円)を投じる考えも示した。

 インドでは、多くの地域で外出を禁止していたほか、国際線の航空便の受け入れを止めるなど交通機関も運行を大幅に縮小している。スズキやホンダの現地工場が操業停止しており、日系企業も影響を受けている。

無断転載禁止
1127446 0 国際 2020/03/25 10:51:00 2020/03/25 19:15:13 2020/03/25 19:15:13 TOPSHOT - People gather at a pharmacy to buy supplies following Indian Prime Minister's announcement of a government-imposed nationwide lockdown as a preventive measure against the COVID-19 coronavirus in Mumbai on March 24, 2020. (Photo by Indranil MUKHERJEE / AFP) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200325-OYT1I50019-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ