イラン「国民の健康維持、非常に困難」…駐日大使が記者会見

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 イランのモルテザ・ラフマーニ駐日大使は25日、都内の日本記者クラブで記者会見し、イラン国内での新型コロナウイルス対策について、「必要な衛生用品を入手するのが難しく、国民の健康を維持するのに非常に困難な状況にある」と指摘し、米国の経済制裁で必要物資の調達に支障が出ていると主張した。

 イランでは、感染者が2万7000人を上回っている。ラフマーニ氏は、日本の医療支援に謝意を示した上で、「日本には環境整備をしてほしい」と述べ、制裁解除に向けた外交的な役割に期待した。

無断転載禁止
1128564 0 国際 2020/03/25 21:11:00 2020/03/25 21:11:00 2020/03/25 21:11:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ