外出制限のチリ首都サンティアゴに野生のピューマ出没

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【リオデジャネイロ=淵上隆悠】チリ紙メルクリオ系ニュースサイトなどによると、首都サンティアゴに24日早朝、野生のピューマが出没した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出制限で人けが減った住宅街で餌を探していたとみられる。

 午前5時頃、住民から「ピューマが道を歩き回っている」と通報があり、駆け付けた当局者らが約4時間後、麻酔を使って捕獲した。体重約35キロのオスで、近くの動物園に運ばれた。今後、野生に戻されるという。けが人は確認されていない。

 チリ政府は22日以降、午後10時から午前5時までの外出を禁止している。ピューマは、南北アメリカ大陸に広く生息しており、捕獲に当たった農牧庁幹部は「人の気配がないので、街中を自由に探検ができると思ったのだろう」と話した。

無断転載禁止
1128823 0 国際 2020/03/25 23:46:00 2020/03/25 23:46:00 2020/03/25 23:46:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ