太平洋上の米空母で感染確認、乗組員5千人検査へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=蒔田一彦】米国のモドリー海軍長官代行は26日に記者会見し、太平洋に展開中の空母「セオドア・ルーズベルト」で新たに複数の乗組員の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。

 24日に発表した3人に加え、更に5人を船外に搬送し、他の感染者は艦内で隔離している。乗組員約5000人全員にウイルス検査を行うという。全体の感染者数は明らかにしなかったが、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は、少なくとも23人の感染が確認されたと報じた。

無断転載禁止
1131375 0 国際 2020/03/27 07:53:00 2020/03/27 16:51:03 2020/03/27 16:51:03

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ