自殺した独の州財務相、ウイルス対応に苦慮か…州首相「絶望していた」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ベルリン=石崎伸生】ドイツのDPA通信などによると、独西部ヘッセン州のシェーファー財務相(54)が28日、州内の鉄道の線路近くで死亡しているのが見つかった。新型コロナウイルスへの対応に追われており、自殺した可能性があるという。

 ヘッセン州のブフィエ首相は29日、「シェーファー氏は経済的な援助で人々の期待に応えられるか悩んでいた。出口を見つけられず、絶望していた」と述べ、シェーファー氏がウイルス対応を苦にしていたことを明らかにした。ヘッセン州では24日、ウイルス対策のための補正予算案が州議会に提案されていた。

 シェーファー氏はメルケル首相の与党・キリスト教民主同盟(CDU)の政治家で、2010年から州の財務相を務め、ブフィエ氏の有力な後継者候補とみられていた。

無断転載・複製を禁じます
1138148 0 国際 2020/03/30 21:56:00 2020/03/31 11:42:44 2020/03/31 11:42:44

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ