読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

小売業の営業禁止など厳しい措置「効果は2週間程度で数字に」…伊の感染者も10万人突破

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ローマ=笹子美奈子】イタリア政府は30日、新型コロナウイルスの感染者数が10万1739人になったと発表した。米国に続き10万人を超えた。増加ペースは縮小の兆しもあるが、世界保健機関(WHO)は引き続き厳重な対応を求めている。

 イタリアの死者数は1万1597人だった。感染者数は3月10日に1万人を突破して以降、連日2000人超のペースで増え続け、27日に中国本土の感染者数を抜いた。最近は1日で5000人前後増えていたが、30日は4050人増となった。

 WHOで緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏は30日、定例の記者会見で、イタリアについて「厳しい対策が2、3週間取られており、(事態が)安定化し始めるだろう」との見通しを語った。

 イタリアでは外出制限が3月10日から全国で始まり、小売業の営業禁止などの徹底した措置が取られてから3週間近く経過した。ライアン氏は、こうした措置の効果は2週間前後で数字に反映されると説明した上で、「単なる安定化でなく、さらに数字を押し下げるには、公衆衛生の努力を倍にする必要がある」と強調した。

無断転載・複製を禁じます
1138439 0 国際 2020/03/31 01:37:00 2020/03/31 10:39:11 2020/03/31 10:39:11

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)