感染者以外を治療、NYに米軍病院船…セントラルパークにはテントの臨時病院設置へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=橋本潤也】新型コロナウイルスの感染が拡大する米ニューヨーク・マンハッタンに30日、米海軍の病院船「コンフォート」が到着した。1000床のベッドと12の手術室を備え、医療関係者1200人が任務にあたる。感染者の対応に追われる市内医療機関の負担軽減のため、感染者以外の患者の治療を担う。

 コンフォートは2001年9月の米同時テロ後、ニューヨークで救急活動の拠点としても使われた。

 ニューヨーク州のクオモ知事は30日の記者会見で、州内の死者が前日の965人から1218人に増えたと発表した。感染者は6万6000人超で、クオモ氏は「状況はさらに悪化する」との見通しを示した。

 マンハッタンでは、米国最大規模の大型展示場ジャビッツ・センターで30日、1000床の臨時病院が開設された。高層ビルに囲まれたセントラルパークの芝生の上にもテントが張られ、68床のベッドを備えた臨時病院の設置が進む。

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)によると、毎年夏に開かれるテニスの全米オープンの会場になるニューヨーク市郊外のテニス施設では、31日にも350床の臨時病院の建設が始まるという。

無断転載禁止
1138901 0 国際 2020/03/31 10:25:00 2020/04/29 11:00:02 2020/04/29 11:00:02

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ