米の外出制限令、首都ワシントンにも…50州中32州で措置

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=船越翔】新型コロナウイルスの感染拡大を受け、米国の首都ワシントンは30日、住民を対象に不要不急の外出の禁止を命じた。隣接するメリーランド、バージニア両州も外出禁止令を出し、31日時点で全米50州のうち32州と首都ワシントンが外出制限を決めたことになる。

 首都ワシントンのバウザー市長は声明で「屋内にいることが身を守る最善の方法だ」と述べ、食料品の買い出しなどを除き、自宅から出ないよう指示した。違反者に最大5000ドル(約54万円)の罰金刑などが科される可能性もあるという。

 米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)によると、外出制限によって影響を受ける一般市民は、全米で約2億5300万人に達するという。

無断転載・複製を禁じます
1140518 0 国際 2020/03/31 19:15:00 2020/04/01 00:13:51 2020/04/01 00:13:51

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ