敬称なし「ハリー&メーガン」、引退の英王子夫妻が声明…「ベストな貢献考えていく」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロンドン=広瀬誠】英国のヘンリー王子(35)と妻のメーガン妃(38)が31日、王室の中心メンバーから外れ、公務から引退する。

 2人は30日、インスタグラムに出した声明で「私たちはこの新たな区切りで、どのようにしてベストな貢献ができるかを考えていく」と述べた。2人は「殿下」「妃殿下」の敬称を失うため、連名は「(王子の愛称の)ハリー&メーガン」と簡素なものとなった。

 英メディアは、2人はメーガン妃が育った米ロサンゼルスに滞在していると伝えている。警備費用については、トランプ米大統領は政府として負担を拒否する考えを明らかにしている。

 ヘンリー王子はチャールズ皇太子の次男で、今年1月に王室から経済的に独立する意向を表明していた。

無断転載禁止
1140970 0 国際 2020/03/31 22:06:00 2020/03/31 22:06:00 2020/03/31 22:06:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
10000円9000円
NEW
参考画像
クーポンご提示のお客様に粗品プレゼント
NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ