視察し握手もした病院長感染、プーチン氏は隔離措置取らず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【モスクワ=工藤武人】新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ロシアのプーチン大統領が3月24日に視察した病院の院長が、ウイルスに感染していたことが31日、明らかになった。プーチン氏は、院長と素手で握手もしていたが、自主的な隔離措置は取らず、通常の公務を続けている。

 プーチン氏の視察先となったのは、新型コロナウイルス感染者の治療の最前線となっているモスクワ市内の病院だ。プーチン氏は防護服を着て治療現場を視察したが、院長との会談ではマスクを着けずに至近距離で話し込み、エレベーターにも同乗した。院長も白衣をはおっただけだった。視察には、ゴリコワ副首相やモスクワ市のソビャーニン市長も同行した。

 タス通信によると、ペスコフ大統領報道官は31日、「プーチン氏は定期的に検査を受けており、全て順調だ」と述べたが、4月1日にはプーチン氏が「握手を断っている」とし、感染予防に努めていることを強調した。プーチン氏は1日、政権幹部らとの会合を初めてテレビ会議に切り替えた。

無断転載禁止
1142547 0 国際 2020/04/01 17:56:00 2020/04/01 22:44:38 2020/04/01 22:44:38

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ