イタリア感染症対策、13年も放置…マスクや防護服の調達できず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

3月31日、イタリアの高級車ランボルギーニの工場で、マスクを作る労働者ら(AP)。イタリアでは、マスクの備蓄が不十分だった可能性が指摘されている
3月31日、イタリアの高級車ランボルギーニの工場で、マスクを作る労働者ら(AP)。イタリアでは、マスクの備蓄が不十分だった可能性が指摘されている

 【ローマ=笹子美奈子】感染症の大流行に備え、世界保健機関(WHO)が更新を求めている感染症の危機管理計画を、イタリア政府が10年以上改定していなかったことに批判が上がっている。計画の不備でマスクなどの備蓄や資金が不足し、新型コロナウイルス対策が後手に回った可能性が指摘されている。

 WHOは2002~03年に流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)などを受け、05年にインフルエンザなどの感染症についての危機管理計画を策定し、必要に応じて見直すよう各国に促した。さらに欧州では、欧州議会が13年に加盟国に対し、3年ごとに計画を改めるよう求めている。

 伊政府も06年に危機管理計画を策定した。流行の初期からクラスター(感染集団)が出現すると想定し、大流行に至るまでを6段階に分け、それぞれの段階で国と地域の役割や責任を明記した。改定についても、訓練に基づいて現行計画の評価分析をして行うとしたが、策定から13年余りの間、放置されてきた。

 伊紙ラ・スタンパ(電子版)は、政府の危機管理計画の不備により、本来、地域ごとに定められているべき計画が多くの地域でなかったと指摘した。その結果、今回の新型コロナウイルスの感染拡大に対し、マスクや防護服などが調達できず、医療従事者への研修も行われないまま対応することになったという。伊保健省は読売新聞の取材に、「現在更新作業中で、まもなく完了する」としている。

 またイタリアでは、感染症対策を受け持つ疾病予防対策センターの予算も不十分だった。ラ・スタンパ紙によると、予算は猛暑対策などに回され、14年の40万ユーロ(約4800万円)を最後に感染症の大流行対策には使われていなかったという。

 欧州疾病予防管理センターなどによると、イタリアに次いで感染者が多いスペインも、危機管理計画を06年の策定後、改定していなかった。

 米ジョンズ・ホプキンス大による保健分野の危機管理に関する世界ランキング(2019年)ではイタリアは31位で、スペインは15位。日本は21位となっている。

無断転載禁止
1143204 0 国際 2020/04/02 05:00:00 2020/04/02 17:53:58 2020/04/02 17:53:58 In this photo released on Tuesday, March 31, 2020, Automobili Lamborghini workers produce sanitary masks, at the Sant'Agata Bolognese factory, Italy. Lamborghini converted part of its St. Agata Bolognese plant to produce medical face masks to be delivered to the Bologna's St. Orsola hospital. The new coronavirus causes mild or moderate symptoms for most people, but for some, especially older adults and people with existing health problems, it can cause more severe illness or death. (Automobili Lamborghini via AP) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200402-OYT1I50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ