患者の感情読み取る「ロボット看護師」導入、簡単な会話も可能…医師67人死亡のイタリア

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

イタリア北部バレーゼの病院に導入されたロボット(左)=1日、ロイター
イタリア北部バレーゼの病院に導入されたロボット(左)=1日、ロイター

 【ローマ=笹子美奈子】新型コロナウイルスの感染拡大が深刻なイタリアの病院で、医療従事者の仕事を助けるロボットが導入されている。

 最も感染者が多い北部ロンバルディア州バレーゼの病院で、3月下旬から6台の運用が始まった。AI(人工知能)が搭載されたロボットは、患者の感情を読み取り簡単な言葉のやりとりが可能だ。医師や看護師が遠隔操作をして、患者の容体を確認することもできる。医療従事者と患者の接触を減らして院内感染を防ぐとともに、不足する防護服やマスクを節約するのが目的だ。イタリアでは感染者の約8%は医療従事者で、ANSA通信によると、4月1日までに67人の医師が死亡している。

無断転載禁止
1144150 0 国際 2020/04/02 15:00:00 2020/04/02 17:41:26 2020/04/02 17:41:26 A robot helping medical teams treat patients suffering from the coronavirus disease (COVID-19) is pictured at a patient's room, in the Circolo hospital, in Varese, Italy April 1, 2020. REUTERS/Flavio Lo Scalzo https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200402-OYT1I50033-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ