ワイン製造会社、創業者が「中国政府が補償すべきだ」…中国での商品流通が止まり発言謝罪

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=中川孝之】新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、イタリアの有名ワイン製造会社の創業者が中国政府の対応を批判し、謝罪に追い込まれた。中国では反発した業者らが商品の流通をストップしている。

 2日付の中国紙・環球時報などによると、スパークリングワインで知られるボッテガ社の創業者が3月下旬、イタリアや世界で生じた新型コロナの損害について、「中国政府が補償すべきだ」とイタリア国内メディアで主張した。中国政府の初動の遅れを指摘する発言もあったという。

 これが中国でもSNSで拡散され、複数の販売代理店がボッテガ社との取引停止を宣言した。創業者は発言を謝罪したが、取引再開のメドは立っていない。

無断転載禁止
1144604 0 国際 2020/04/02 20:24:00 2020/04/02 20:32:09 2020/04/02 20:32:09

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

東京都知事選2020特集ページ
一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ