中国、殉職医師らを「烈士」として追悼…清明節の4日に全国活動へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=比嘉清太】中国政府は3日、新型コロナウイルスの死者を追悼する全国的な活動を4日に行うと発表した。午前10時から3分間黙とうするよう国民に促す。欧米とは対照的に中国本土では死者の増加に一定の歯止めがかかったとして、一つの節目とする考えとみられる。4日は死者を弔う清明節にあたる。

 中国政府の国家衛生健康委員会によると、中国本土の死者は3日午前0時(日本時間午前1時)時点で前日から4人増え、計3322人となった。1日あたりの死者の増加数は3月下旬以降は1ケタにとどまり、100人以上の死者が連日のように発表された2月からは大きく減った。

 追悼の対象には、防疫業務に関わって殉職し、「烈士」として当局の認定を受けた医師らも含まれる。「烈士」は献身的な行為をした国民に贈られる称号だ。国営新華社通信は2日、政府発表よりも早く感染拡大への警鐘を鳴らしたことで警察から訓戒処分を受け、自身も感染して死亡した医師の李文亮さんを湖北省政府が烈士として認定したと伝えた。李さんの献身をたたえ、政府の初動対応への不満をそらす狙いがあるようだ。

無断転載禁止
1146551 0 国際 2020/04/03 19:30:00 2020/04/03 20:01:26 2020/04/03 20:01:26

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ