感染者の半数占める欧州、初期の危機意識低く…罰則伴う外出制限も守らず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

新型コロナウイルスの被害が深刻なイタリア北部の教会に棺を運び込む人たち(3月26日、AP)
新型コロナウイルスの被害が深刻なイタリア北部の教会に棺を運び込む人たち(3月26日、AP)

 【ジュネーブ=杉野謙太郎、ローマ=笹子美奈子】新型コロナウイルスの感染者が世界全体で100万人を超えた。感染者の約半分を占める欧州では、感染拡大の背景の一つに初期の危機意識の低さや備えの不十分さが指摘されている。

 欧州各国は罰則を伴う厳しい外出制限を設けたが、当初は守らない人が多かった。3月17日から全土で外出制限をかけたフランスでは違反者が多かったため、その後、再犯には最高で罰金3700ユーロ(約44万円)などと罰則が強化された。3月10日から全国の外出制限に踏み切ったイタリアでも、同様の理由で罰金が206ユーロから3000ユーロへと15倍近くに引き上げられた。

 イタリアに関しては、初めて公式に感染者が確認された1月30日より前にウイルスがすでに北部で拡散していたとみる研究もあり、感染者の発見が遅れた可能性が出ている。

 欧州ではマスクや防護服の不足による、医療従事者の感染も目立つ。イタリアでは医療従事者への感染が約10%に上り、医師の死亡も4月1日までに67人確認されている。ロイター通信は3月31日、感染者のうち医療従事者の占める割合は、スペインでは12~14%になったと伝えた。

 国際看護師協会(ICN)はロイターに対し、「マスクなどの不足が、医療従事者の高い感染率の一因となっていることに疑いの余地はない」と指摘した。

 欧州では外出制限を取り入れてから一定の時間が経過した。3月30日の記者会見で、世界保健機関(WHO)で緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏はイタリアの感染者や死者について「数字が安定し始めるはずだ」と述べたが、予断は許さない状況だ。

無断転載禁止
1146770 0 国際 2020/04/03 21:51:00 2020/04/04 00:31:33 2020/04/04 00:31:33 FILE - In this Thursday, March 26, 2020 file photo, a coffin is carried to be aligned with others on the floor in the San Giuseppe church in Seriate, one of the areas worst hit by coronavirus, near Bergamo, Italy, waiting to be taken to a crematory. A new study quantifying the hidden toll from coronavirus in the province of Bergamo, at the epicenter of Italy’s epidemic, has found that the number of deaths linked to the virus is double the official tally. (Claudio Furlan/LaPresse via AP) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200403-OYT1I50055-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ