WHO、マスク巡る米国内の議論「大切で健全なこと」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ジュネーブ=杉野謙太郎】世界保健機関(WHO)で緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏は3日、スイス・ジュネーブでの記者会見で、マスクを巡る米国内の議論を「とても大切で健全なことだ」と述べた。ただ、マスク着用によって「手洗いや、他人と距離を取る必要性が打ち消されるわけではない」と指摘した。

 また、テドロス事務局長は「国民に医療を提供し、経済的な崩壊を防ぐため、いくつかの国では債務軽減が不可欠だ」と述べ、国際通貨基金(IMF)や世界銀行と協力する意向を示した。

無断転載禁止
1148083 0 国際 2020/04/04 21:36:00 2020/04/04 21:36:00 2020/04/04 21:36:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ