読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

メルセデスのF1エンジン技術者、臨床医らと呼吸補助装置を開発

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロンドン=岡田浩幸】新型コロナウイルスによる肺炎患者急増のため欧州の病院で人工呼吸器が不足する中、自動車のF1チームが技術力を生かし、患者の呼吸を補助する装置を完成させた。臨床試験は始まっており、まもなく本格的に医療現場に導入されるという。

 F1主催団体などの発表によると、英国を拠点とするメルセデスのエンジン開発部門の技術者がロンドンの大学病院の臨床医らと連携し、肺に酸素を安定して供給する装置「CPAP」を製造した。政府から使用の承認も得ており、メルセデスは「F1界の対応力を見せられた」とし、大学側の関係者も「産業界、大学、病院が国益のために力を合わせれば何ができるかを示せた」と語った。

 今季のF1シリーズは開幕戦から中止や延期が続いている。メルセデスやマクラーレンなど英国を拠点とするF1の計7チームは、人工呼吸器製造などの支援プロジェクトに取り組んでいる。

無断転載・複製を禁じます
1149218 0 国際 2020/04/05 19:07:00 2020/04/05 19:50:47 2020/04/05 19:50:47

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)