NY州知事「感染拡大ペース鈍化の可能性」…死者2日連続600人下回る

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=村山誠】米ニューヨーク州のクオモ知事は6日の記者会見で、州内の新型コロナウイルス感染の広がりについて、「希望的観測」と前置きしたうえで「感染拡大のペースが抑えられ始めた可能性がある」との認識を示した。

 発表によると、州内で1日に死亡した人の数は今月4日には630人だったが、5日と6日は2日続けて600人を下回った。

 1日の入院患者数も減少している。4日までは1日1000人を超えていたが、5日は574人、6日は358人だった。

 クオモ氏は「他者と一定距離を保つ社会的距離(ソーシャル・ディスタンス)が機能している結果だ」と強調した。労働者の原則出勤禁止や学校休校などの措置を今月29日まで延長する方針も明らかにした。

 6日までの州内の感染者は13万689人、死者数は4758人となっている。

無断転載禁止
1152345 0 国際 2020/04/07 12:29:00 2020/04/07 12:29:00 2020/04/07 12:29:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ