「ウイルスを政治問題化するべきでない」…WHO事務局長、トランプ氏に反論

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ジュネーブ=杉野謙太郎】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は8日、スイス・ジュネーブでの記者会見で、新型コロナウイルスへの対応を巡り、「中国中心主義」とトランプ米大統領から批判されたことを受け、「このウイルスを政治問題化するべきではない」と反論した。

 トランプ氏の発言について問われたテドロス氏は、「WHOの対応についての総括は必ず行う。今はウイルスとの戦いに集中するべき時だ」と述べた。「国際的な連帯と、米中の誠実な指導力が必要だ」とも訴えた。

 トランプ氏が拠出金の支払い停止の可能性を示唆したことについて、テドロス氏は過去のエイズ対策での米国のアフリカ諸国支援に触れ、「多くの命を救い、希望をもたらした。米国の寛大な支援に感謝したい。今回もそれが続くと信じている」と語った。

無断転載禁止
1156853 0 国際 2020/04/09 15:10:00 2020/04/09 15:10:00 2020/04/09 15:10:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ