景気対策の小切手にトランプ氏の名前…選挙対策批判「大したことではない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=横堀裕也】米政府は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた景気対策として各世帯に配る小切手に、トランプ大統領の名前を印字することを決めた。選挙対策だとの批判を招いているが、トランプ氏は意に介していない様子だ。

 現金給付は政府の景気刺激策の柱の一つで、所得制限があり、大人には最大1200ドル(約13万円)が支給される。銀行口座に振り込まれるほか、口座情報がない人には小切手が郵送される。トランプ氏の名前は、小切手のメモ欄に記される。メモ欄は通常、支払い理由などを書く場所だ。

 過去の政府による現金給付で、小切手に大統領名が印字された例はないという。野党・民主党のペロシ下院議長は15日、「国民がトランプ政権のウイルス対応に怒りをためる中で、恥ずべき行為だ」と切り捨てた。

 こうした批判に対し、トランプ氏は15日の記者会見で「小切手がどこに配られるかは知らない。大したことではないだろう」と語った。

無断転載・複製を禁じます
1172719 0 国際 2020/04/17 21:02:00 2020/04/17 22:23:26 2020/04/17 22:23:26

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ