南ア、学校のパソコンや食料の略奪相次ぐ…外出禁止令で職員不在

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ヨハネスブルク=深沢亮爾】新型コロナウイルス対策で外出禁止令が出ている南アフリカで、警備が手薄になった学校施設を狙った略奪事件が相次いでいる。感染が収まった後の学校再開にも支障が出そうだ。

 南ア政府によると、被害は外出禁止令が発出された3月26日以降、今月17日までで約400校に上った。外出禁止令で職員が不在となった隙を突いた犯行とみられ、職員室のパソコンや給食室の食料品などが標的となっている。証拠隠滅のために放火された学校も出ている。

 シリル・ラマポーザ大統領は13日、国民向けの声明で「子供に不利益を負わせる卑劣な犯罪だ」と非難し、近隣住民に監視への協力を呼びかけた。

 南アの外出禁止令は今のところ4月30日までだ。しかし、禁止令が解除されても、被害の大きい学校の授業再開は難しい状況となっている。

 一方、外出禁止令に伴い、強盗などの路上犯罪は一時的に減少している。

無断転載・複製を禁じます
1175411 0 国際 2020/04/19 22:54:00 2020/04/22 20:56:33 2020/04/22 20:56:33

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ