読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「感染者は減少傾向」イスラエル、規制緩和に踏み切る

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【エルサレム=金子靖志】イスラエル政府は19日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために実施中の経済活動や外出の規制措置を緩和した。人口約900万人のイスラエルの感染者は1万3000人を超えているが、新たな感染者は減少傾向にあるとして、踏み切った。

 規制の緩和により、出勤可能な従業員の割合が15%から30%に引き上げられ、小規模な商店も営業を再開できるようになった。ただ、ショッピングモールや市場の閉鎖措置は解かず、小中高校や大学の休校も続ける。

 イスラエルでは外出時のマスク着用が義務付けられており、違反した場合は200シェケル(約6000円)の罰金が科せられる。

無断転載・複製を禁じます
1176046 0 国際 2020/04/20 10:29:00 2020/04/20 10:29:00 2020/04/20 10:29:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)