世界最多の米コロナ死者、5万人を突破…副大統領は楽観「5月末には事態収束」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=船越翔】新型コロナウイルスの感染による米国の死者数が24日(日本時間25日)、米ジョンズ・ホプキンス大の集計で5万人を突破した。

 24日夜(同25日午前)時点での集計では、世界の死者数は19万5000人を超えている。国別では、米国が最も多い約5万1000人で、イタリア約2万6000人、スペイン約2万3000人と続く。米国は感染者数も、世界最多の約89万人に上る。

 一方、米国のペンス副大統領は24日、ラジオ番組のインタビューで、外出制限などのウイルス対策が奏功していると強調し、「現在の傾向を見ると、(5月25日の)戦没将兵記念日の週末までに、事態はあらかた収束していると思う」との見通しを示した。その上で、「多くの州が経済活動の再開に向けて動き出すだろう」と期待感を示した。

無断転載・複製を禁じます
1186085 0 国際 2020/04/25 10:29:00 2020/04/25 10:29:00 2020/04/25 10:29:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ