金正恩氏の専用列車、21日以降は北朝鮮東部・元山の駅に停車…38ノース分析

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=蒔田一彦】米国の北朝鮮問題研究グループ「38ノース」は25日、北朝鮮の金正恩キムジョンウン朝鮮労働党委員長の専用列車とみられる列車が少なくとも21日以降、北朝鮮東部・元山ウォンサンの駅に停車しているとする衛星写真の分析結果を発表した。

 38ノースによると、この駅は北朝鮮の指導者専用で、付近には宿泊施設などがある。今月15日に撮影された衛星写真に列車は写っていなかったが、21日と23日の写真には全長約250メートルの列車が写っていた。また、23日の写真では出発のために列車の位置を変えたように見えるという。

 38ノースは「正恩氏の所在を証明したり、健康状態を示唆したりするものではないが、正恩氏が元山に滞在しているという報道に説得力を与えるものだ」と指摘している。

 米FOXニュース(電子版)は、韓国の文正仁ムンジョンイン大統領統一外交安保特別補佐官が26日、「正恩氏は生きていて健康だ。13日から元山に滞在している」と述べたと報じた。

無断転載・複製を禁じます
1187797 0 国際 2020/04/26 20:46:00 2020/04/26 21:18:32 2020/04/26 21:18:32

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ