WHO事務局長の辞任要求、100万超え…ネット署名

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=田川理恵】新型コロナウイルスへの対応が後手に回っているなどとして、世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長の辞任を求める署名運動がインターネット上で広がり、4月29日時点で賛同者が102万5412人となった。発起人は、近く国連とWHOに署名を提出するとしている。

 運動は1月31日、米国発の署名サイト「チェンジ・ドット・オーグ」で始まった。発起人は、テドロス氏が、新型ウイルスの感染拡大について「国際的な公衆衛生上の緊急事態」の宣言を1月23日に見送ったことが、その後の感染拡大につながったと主張している。「中国政府が提出した感染者と死者数をうのみにしている」とも指摘している。

 WHOへの批判について、国連のグテレス事務総長はこれまで、「今は批判の時ではない」との考えを繰り返し表明している。

無断転載・複製を禁じます
1196578 0 国際 2020/04/30 21:54:00 2020/04/30 21:54:00 2020/04/30 21:54:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ