トランプ氏、新型コロナ「真珠湾攻撃よりひどい」…「奇襲」印象付けか

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=海谷道隆】米国のトランプ大統領は6日、ホワイトハウスで記者団に、米国で感染拡大が深刻化する新型コロナウイルスについて、「米国が経験した最悪の攻撃だ。(旧日本軍に攻撃された)真珠湾よりひどい」と述べた。

 トランプ氏は「(2001年の同時テロでハイジャック機が突入した)世界貿易センターよりひどい」とも訴えた。トランプ氏は初動対応の遅れを批判されており、新型ウイルスは、準備が困難な想定外の「奇襲」だったと印象付ける狙いがあるとみられる。

 真珠湾攻撃と同時テロはいずれも、米国民の強力な結束を生み出した。象徴的な事例と並べ、「戦時大統領」として求心力を高めたいとの思惑も透けて見える。

 また、トランプ氏は「発生した場所で抑え込まれるべきだったが、そうはならなかった」と指摘し、暗に中国を批判した。

無断転載禁止
1205341 0 国際 2020/05/07 04:03:00 2020/05/07 13:28:41 2020/05/07 13:28:41

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
10000円9000円
NEW
参考画像
クーポンご提示のお客様に粗品プレゼント
NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ