読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

コロナ発生源、武漢の研究所なのか「確信ない」…米国務長官

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

6日、ワシントンで記者会見するポンペオ米国務長官(AP)
6日、ワシントンで記者会見するポンペオ米国務長官(AP)

 【ワシントン=蒔田一彦】米国のポンペオ国務長官は6日、国務省で記者会見し、新型コロナウイルスの発生源について、「(中国湖北省武漢市にある)研究所なのか他の場所なのか確信は持っていない」と述べた。

 ポンペオ氏は3日のインタビューで、発生源が研究所であることを示す「多くの証拠がある」と語っていた。6日の会見では「確信を持っていないことと、重要な証拠があることは、どちらも正しい」と強弁した。そして、情報機関が調査を続けているが、「我々は(ウイルスの)サンプルを持っていないし、現地にも立ち入れない」と話し、中国の姿勢を批判した。

 一方、米軍制服組トップのマーク・ミリー統合参謀本部議長は5日の記者会見で、ウイルスの発生源について「我々は分からない」と述べ、断定できていないことを明らかにした。また、「決定的な証拠はない」と断った上で、「ウイルスは人工的なものではなく、おそらく意図的(な流出)ではなかったとみられる」との見解を示した。

無断転載・複製を禁じます
1205805 0 国際 2020/05/07 11:24:00 2020/05/07 12:05:38 2020/05/07 12:05:38 Secretary of State Mike Pompeo speaks a news conference at the State Department in Washington on Wednesday, May 6, 2020. (Kevin Lamarque/Pool Photo via AP) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200507-OYT1I50002-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)