読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

感染拡大の中心は南米・アフリカに…世界の感染者、わずか12日間で100万人増

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=山内竜介】新型コロナウイルスの世界の累計感染者数が9日(日本時間10日)、米ジョンズ・ホプキンス大学の集計で400万人を突破した。300万人に達したのは4月27日で、わずか12日間で100万人増加した。拡大のペースは衰えていない。

 10日午前(日本時間11日未明)時点の感染者数は約405万人だ。国別では米国が約131万人と最多で、全世界の感染者の3割超を占める。以下、スペイン、イタリア、英国と続く。死者数は28万人に迫る勢いで、このうち約7万9000人が米国での犠牲者だ。英国やイタリアも死者が3万人を超えている。

 最近は、感染拡大の中心が欧米から南米やアフリカ各国に移り、ブラジルの死者も1万人を超えた。欧米では行動制限を緩和し、経済活動を再開する動きが広がっているが、流行の「第2波」を懸念する声も強い。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1211122 0 国際 2020/05/10 08:50:00 2020/05/11 01:16:38 2020/05/11 01:16:38 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200511-OYT1I50012-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)