ワクチン情報を標的に、中国がサイバー攻撃…FBI警告「深刻な脅威」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=海谷道隆】米国の連邦捜査局(FBI)と国土安全保障省は13日、中国が、新型コロナウイルスのワクチンなどの関連研究を標的にしたサイバー攻撃を試み、情報を不正に取得しようとしているとして、米国の研究機関などに警告を発した。

 FBIと国土安全保障省の共同声明によると、FBIは中国系ハッカー集団による米研究機関などへのサイバー攻撃の調査を進めている。これまでの調査で、ネットワークを通じ、ワクチンや治療法、検査に関わる知的財産や関連情報を特定し、不正に取得しようとする動きが確認された。

 声明では「中国の試みは、我が国の新型ウイルス対策に深刻な脅威をもたらしている」と指摘し、研究機関にサイバー攻撃への対策強化を進めるよう促した。被害が疑われた際に当局に通報することも求めた。

 感染を予防できるワクチン開発への期待は高く、国際的に連携する取り組みが進められる一方で、国家間での主導権争いが激しくなっている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1219461 0 国際 2020/05/14 10:04:00 2020/05/14 10:04:00 2020/05/14 10:04:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)