レソトで初の感染者、アフリカ全54か国に広がる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ヨハネスブルク=深沢亮爾】アフリカ南部レソト政府は13日、国内で新型コロナウイルスの感染者1人を初めて確認したと発表した。累計感染者が約4万5000人のサウジアラビアから帰国した留学生という。これでアフリカ全54か国に感染が広がったことになる。

 アフリカ疾病予防管理センターによると、アフリカ初の感染確認は2月14日で、アフリカ全体の感染者は13日時点で7万人近くに上る。欧米と比べ増加ペースが緩やかな背景として、「航空路線が少なく、早期の外出禁止令が奏功した」(南アフリカ経済誌)との見方がある。

 外出禁止令を徐々に緩和する国が増える中、感染抑止との両立の難しさも浮き彫りになっている。西アフリカ・ガーナは4月20日に首都などの外出制限を緩和して以降、累計感染者が約5倍に増えた。世界保健機関(WHO)は「適切な対応を怠れば甚大な犠牲が出かねない」と警戒を呼びかけている。

無断転載禁止
1220297 0 国際 2020/05/14 19:26:00 2020/05/15 07:51:35 2020/05/15 07:51:35 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200515-OYT1I50024-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ