読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

トランプ氏、中国のコロナ対応に「とても失望」…貿易停止含む報復措置示唆

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=蒔田一彦】米国のトランプ大統領は、14日に放送された米FOXビジネステレビのインタビューで、新型コロナウイルスを巡る中国の対応に「とても失望している」と語り、改めて不満を表明した。さらに、「我々ができることはたくさんある。全ての関係を遮断することもできる」と述べ、貿易停止を含む報復措置を取ることを示唆し、中国を強くけん制した。

 トランプ氏は「もし全ての関係を遮断したら、5000億ドル(約54兆円)を節約できる」とも話した。対中貿易赤字を念頭に、2国間の貿易を停止したとしても、不利にはならないとの見方を強調したとみられる。

 トランプ氏は4月以降、ウイルスの世界的な感染拡大の責任は中国にあるとして、対中批判を繰り返している。報復措置として、関税引き上げの可能性に言及したこともあった。

 インタビューでは、中国の習近平シージンピン国家主席について「非常に良い関係だが、今は彼とは話したくない」とし、首脳間の直接対話による局面打開には否定的な考えを示した。

無断転載・複製を禁じます
1221217 0 国際 2020/05/15 10:24:00 2020/05/15 10:24:00 2020/05/15 10:24:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)